<< このゆびとまれ通信 792号 歩荷の母鶏肉をおいしく食べる | main | このゆびとまれ通信 795号 食べるのこと 考える10の問い 報告書 >>
2019.03.07 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.02.02 Tuesday

このゆびとまれ通信 794号 INUUNIQ FARM 体験農場募集開始



【今年もINUUNIQ体験Farmが申し込み受付を開始しました。】

 りんねしゃでは、食と農を主眼テーマにして様々なイベントや勉強会を開催しています。そんなコンセプトにおいて、近年力を入れているのが【土に触れる】【食べ物を育てる】という事。多くの方がやってみたいともってはいても実際に始めるとなると様々な問題があります。
実際、畑を借りたはいいけれど、結局何も取れずに終わったり、草を育てて終わったり。
一瞬楽しめたけど、続けるとなるとやはり環境が整った中で学ぶことや、一緒に楽しむ仲間が必要なことに気付きいます。そこで、去年から同じ町内で始めたINUUNIQ VILLAGEの体験農園。

ここでは、レジャー農園をテーマに、気軽に親子で自然に触れる機会を持って
もらおうと、道具や種、苗、水道、駐車場などすべてを完備させています。
何より、りんねしゃのすぐそばですので買い物ついでに畑で収穫(!)
が可能になります。

2016年度の募集が始まりましたので紹介します。
申込み・問い合わせはりんねしゃ 飯尾 もしくは
INUUNIQ VILLAGE 
(0567−58−5733 info@inuuniqvillage.com )までどうぞ。





MESSAGE

 昨年からスタートした体験農園ですが、2年目を迎えるにあたって、農園の管理方法や方向性などを見直しています。初年度は会員の皆さんに野菜をたくさん収穫してもらう事や失敗しない事に重点をおいて指導してきました。
自然は、収量にばらつきがあったり、管理方法によっては枯れたり、うまく育たない事もあるのが本来の姿です。しかし、それを防ぐため過剰な関与によって全ての区画を均一化しすぎてしまったのではないかと感じています。

 そこで来年度はもう少し自然の摂理に寄り添いながら、会員の皆様の主体性を高める方向にシフトチェンジしていこうと決めました。野菜の収穫量は落ちるかもしれませんが、より自然に近い農法での野菜づくりにチャレンジしていこうと思います。
 
 野菜を収穫する喜びだけでなく、自然・作物・土壌の仕組み、生き物や草花の多様性に触れる喜びも大切にしていきたいと思います。


 Inuuniq Farmもまだまだ始まったばかり、土に触れ、食べ物を作るために体を動かす喜びを一緒に感じながら皆さんに喜んでもらえる農園つくりを目指していきますので、どうぞよろしくお願いします。

 


CONCEPT

  Organic   :都市の生活、刻一刻と変化する情報と、それに振り回される日々。
                            暮らしの中で、大地につながり、体を開放するオーガニックな
                            空間を提供します。


  Natural   :自分で種をまき、育て、食べ物を作る。生命の根源を手放さない
                            ために、自然の素材で自然のリズムに合わせる。そのプロセスを
                            一つ一つ実感しながらこちらのリズムを自然に合わせていきます。
                            その先に自然体の収穫が待っています。


Soil & Mechanism:畑は地球の表面です。表面を覆うのは土壌で、土壌が食べ物を
                            はぐくむ基礎になります。土の仕組みを知ることは、命の循環に
                            触れるという事。まずは仕組みを学び、その先にある収穫を
                            待ちます。命の循環は、そのまま食卓に上り、体を通して
                            繋がっていきます。



■APPROACH■

*ビニールマルチを使わずに雑草や藁など、自然素材を使用する。
*可能な限り、在来種を栽培する。
*自家製堆肥づくりにチャレンジする。
*種や苗を自由に選択できるようにする。
(基本的な種や苗は準備しますが、何を選択するかはお任せします。好みの野菜栽培も可能です。)
*見本区画の作成(みなさんにはこの見本区画をお手本に自由に野菜をつくっていただきます。)
*栽培における技術指導は一か月に2回程度とする。
(質問やアドバイスを受ける講師が定期的に来訪し、指導を受けることができます。)
*農園スタッフが基本的に常駐(週4、5日)し、一緒になって取り組んでいきます。
*適期の作業内容・指示はメーリングリストで案内します。

 


■FACILITY■

*農園には、必要な農具などはすべて用意してあり、自由に使用していただけます。手ぶらで気軽に立ち寄れるレジャー感覚の農園です。
*駐車場はもちろん、トイレも完備していますし、収穫した野菜の洗い場や足洗い場なども整備されています。子供たちが裸足で汚れても安心ですし、泥付きの野菜を家庭に持ち込むこともありません。

 


■PLAN■

しっかり栽培習得カレッジプラン(オーダーメイド・完全指導付き)

会  費:1 区画 8000 円/月(初月のみ翌月分も先払い)
面  積:1 区画 12 屐 閉媛 6 屬瓦箸 5000 円/期)  
規  定:グループでの利用は 1 区画あたり 2 名共同まで。
               ただし同伴の家族は制限に入りません。  
指  導:週 1 時間個別指導+適宜  
利用時間:日中。夜間の来園はご遠慮ください。  
特  徴:ご希望に合わせて面積や作付内容を設計し、収穫したいもの、収量、栽培方法なども希望に合わせて
     指導します。一年後には、自分で栽培可能になるような技術の習得、肥料設計方法や、土壌の仕組み
     など、本格的な指導で安定した収穫量を得るために必要な専門的学習プランです。

 
のんびり体験農園ファミリープラン(フリープラン・自習共同型)  

会  費:1区画45000円/年(利用料30000円 農具・資材代15000円)  
面  積:1区画3  規定:基本的な準備や指導はありますが、原則自習型です。定期的に勉強会を主催し、土にふれ、のんびりできる癒し空間として、主に自然の仕組みや面白味を学ぶ機会にします。収量や安定栽培に主眼を置くのではなく、自然の営みにゆだねる自然栽培プランです。

 


EVENT■

*「青空食農教室」など、定期的にイベントを開催しています。
*ファームには田んぼも併設されており、稲作にチャレンジすることもできます。
 

年間のイベント例)食農青空教室
 
 3
月 味噌仕込みワークショップ
 4月 醤油絞りワークショップ
 6月 田植えワークショップ ジャガイモ収穫体験
 8月 田んぼの生き物調査
10月 サツマイモ掘り体験
11月 稲刈り・はざ掛け・脱穀体験
12月 収穫祭・鶏解体ワークショップ


 



2019.03.07 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Archives
Recommend
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM