2019.03.07 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2019.03.07 Thursday

このゆびとまれ通信 NO952 徳南製糖の純黒糖が喜ばれるわけ

【徳南製糖の黒糖が喜ばれるわけ】

●黒糖の価値が、なぜ見直されつつあるのか!?

黒糖の栄養価が極めて優秀であることはよく知られた事実です。糖質制限による健康法などのブームにより、いわゆる糖質(糖質にも様々なものがありますが、その説明は省きます)をどの程度摂取するのが良いものか、そんな話題で持ちきりといってもいいですね。糖質制限ダイエットなどに取り組む場合、一方的に糖質を減らすことは、むしろ健康を阻害することにつながりかねません。なぜなら、人間の三大栄養素といわれるように「糖質・脂質・たんぱく質」を適正に摂取しないと生きていけないからです。つまり、糖質は絶対に必要。しかし、どうやって摂るのかを、ちゃんと考える必要があるという事です。

糖質は、たくさんの食べ物に含まれますが、代表的なものは何といっても炭水化物と糖類です。たとえば茶碗に1杯くらいのお米は、だいたい150g〜250gです。この中に、糖質はだいたい56gほど入っています。成人が一日に必要な糖質量を考えると、ご飯だけで摂取するなら4杯程度で十分なわけです。

 

●糖質制限の考え方 

糖質制限を行っている方だと、生命維持のための最低摂取量が100gほどといわれますので、茶わん二杯食べれば、もう十分の糖質が摂取できます。 しかしながら、日々のストレス発散や、食べる喜びなどを強く感じる「おやつ」も、じつはとても大切。なぜなら、体はリラックス状態になって、初めて十分な栄養を吸収できるからです。我慢だけでは、適正な摂取でも余計と飢餓状態を引き起こし、必要以上に吸収してしまい、結果、太るというのはよくある話なのです。つまり、何事も適度な摂取を心掛ける必要があります。

 

●黒糖がすごいワケ

さて、ここに糖質100gあたりの栄養価が記された票があります。これを見ると、白砂糖・黒糖・白米の栄養価が記されます。糖質を消化するためには食物繊維が必要で、適切な食物繊維があれば、糖質はちゃんと分解されます。これがバランスよく食べることが大切な理由です。ごはん200gは茶わん大盛りですので、僕ならぺろりと食べてしまいます。しかし、砂糖100gなんてどうあがいても食べられません。黒糖の粒が一つ10g弱だと思いますので、そう考えると、黒糖の糖質以外の栄養バランスはとびぬけてよいことが分かります。体に摂取する栄養を考えると、ご飯を少し我慢して、おやつに黒糖を一粒食べることが、いかに栄養バランスを良くするのかがわかるのです。これが、黒糖の人気を高め始めているきっかけといってもいいでしょう。

上記一覧表を見ればわかるように、黒糖の栄養バランスがいかに優れているかを紹介しました。黒糖はとても優れた高栄養食品です。しかしながら、よい黒糖を選ぶのは、実はとても難しいし、よい黒糖を販売しているところも、とても少ないのです。あまりよく知られていませんが、市販されている黒糖のそのほとんどは、グラニュー糖が混ぜられています。つまり、先週紹介した黒糖の栄養が活きているのは混ぜ物のない純粋な黒糖を選んで初めて効能があります。グラニュー糖が混ざっていては意味がありません。

 

●良い黒糖は深緑(ミネラル)の色良質な黒糖はサトウキビの汁を搾り、煮詰め、冷まして固めたものが純黒糖になります。作りたての黒糖は、ミ

ネラルがたっぷり残り、深い緑がかった茶色です。この緑の色はミネラルの色なのです。徳南製糖の黒糖の色はまさに深緑で、ミネラルの多さを物語っています。これから季節は春、外で活動する時間も増えてくると思いますが、そんなときのミネラル補給にも黒糖はおすすめです。

 

 

BLOG
ONLINESHOP
Facebook
Twitter
Selected Entries
Categories
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Archives
Recommend
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Sponsored Links
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM